風水をもとにした方位

風水では西に黄色で金運と言いますが、実際にそれで効果が得られたことはありません。黄色自体がお金と関係する色ということで、部屋の真ん中に置くと良いなどと書いてあって、黄色いものを探してつるしています。しかし、なかなか効果が実感できず、取りやめにしています。

東には音声の出るものを置くと、良い情報が入ってくるということで、テレビやラジオなどを置くとよいと言います。これは部屋の西方位と東方位でそれぞれの意味合いがあり、また引越しについても効果をもたらすことがあります。 この引越しの方位について解釈が異なることがありますが、風水を元にするのであれば意味合いは近いです。

南には対になった観葉植物を置いたら人気運がアップすると言いますが、実際そうしたところで人気が上がったことはありません。引越しについても南方位へ引っ越すことは風水では人気や名誉に関係する事柄になります。 風水を信じるも信じないも自由ですが、個人的にはあまり影響はないということです。掃除をしたほうがよいというのは、たしかにその通りという気がしますが、何も風水でなくても普段からそういう気はします。

したがって、引越しの際の方位についても風水を元にする限り、気にしなくて大丈夫であろうと思っています。影響を受けることはないのであるから、風水はガセネタとして作り上げられたものに過ぎないということがいえそうです。 しかし、気になって北にある玄関の傍には鏡を置いたりしています。

初めて風水を見てもらった時のこと

去年まで住んでいた部屋の話です。 失業や失恋、病気もしたりと、なんだか悪いことが続きました。 急に立て続けに起こったのと、体調まで崩してしまったので、気弱になってしまったのもあり、よく当たるという占い師に見てもらいました。 その方は風水も見れるので、部屋の見取り図を持っていくといいよと、紹介してくれた友人のアドバイスどおり、それも持参しました。

一通り、占い師の方とお話した後に、「部屋の見取り図も持ってきたのですが、見てもらってもいいですか」図面をお見せしたら、「ああー」と深く納得されたような感じで声をあげられました。 「大変な状況の原因は、お部屋かも知れないですね。」 その部屋は、エレベーターホールの隣にあるため、そのスペース分がごっそり部屋っから削られた感じになっています。方位にして南東です。この方向は女性の幸せに関る要素が多いらしいです。

女性の一人暮らしでこの部屋はキツイですよ、と、そんな風に言われました。 ただ、方位が悪いからって簡単に引越しできるものではありません。アドバイスに沿って、飾ってみたり掃除してみたり、それはそれで、おかげさまで部屋が明るくなりきれいにもなり、良かったように思います。 方位を気にしてという訳ではないのですが、1年前にその部屋から今の部屋へ引越しました。 それでも、せっかくなので南東のかけてない部屋を選びました。

何か違うかと言われるとよく分かりませんが、それでも、あの時言われたことで掃除の念入り度合いが増しましたので、それはそれでよい習慣として今も続けています。きっと、そうしたおまけのような効果、こうした事が大切なのかなと思います。

引越しの時は方位を気にしてみよう

今までに何度か引越しをした事がありますか、引っ越した物件で騒音トラブルにあったり、ご近所トラブルに巻き込まれたりと散々な目にあってきました。 一番強烈な出来事だったのが、住んでいたアパートの住人が火事を起こしたことです。 アパートは、住める状態ではなくなり取り壊しが決まったので、私は当分の間は実家でお世話になることにしました。実家で次はどこに住もうかとインターネットや物件情報紙で色々と探す日々が始まりました。

そんな時、ふと雑誌の占いコーナーを見ると、引越しをするなら南東が吉と書かれていたのです。今までの引越しでは、家賃や物件の間取り、周辺の環境を気にして選んでいましたが方位にまで気を回したことはありませんでした。もしかしたら、今まで引越し先でトラブルが多かったのは自分にとって悪い方位に引越しをしていたからなのかな、と思うようになりました。 そこで次の引越し先の物件は、占いにあるように私のラッキー方位である南東にある物件の中から選ぶ事にしました。

引越し先に選んだ物件は、今までの中で一番古いところだったので少し不安があったのですが、住んでみてその不安は吹き飛びました。まず、騒音や隣人に悩まされることがなく、大家さんもとても人柄の良い人で、とても快適に過ごす事が出来ています。何より、その後近くに以前好きだった人が引越してきたのです。これには大変驚きました。 ただの偶然かもしれませんが、引越しの時に方位のことも考慮するとハッピーな生活を送る事が出来るかもしれません。